Shinano Nakano Houjinkai
信濃中野法人会
事業計画お知らせ年間行事お問い合わせリンク集中野支部TOP
No.51 2020.2.1
  • 新年のごあいさつ
  • 第31回会員大会開催
  • 第36回法人会全国大会
  • 令和2年度税制改正要望
  • 全国青年の集い 大分大会
  • 県連青年部合同例会
  • 県連女性部合同例会
  • 租税教室開催・絵はがき募集
  • 税についての作文表彰
  • 税務署からのお知らせ
  • 第27回会員チャリティーゴルフ大会
  • チャリティゴルフ協力金 寄贈
  • おしらせ
← 次号へ | 前号へ →

【地獄谷野猿公苑】
世界で唯一、温泉に入るサル。興味深いニホンザルの生態を、間近で観察することができます。
地獄谷野猿公苑は、長野県の北部、上信越高原国立公園の志賀高原を源とする横湯川の渓谷に位置しており、標高850メートルのこの地は、一年のほぼ三分の一が雪に覆われる厳しい環境です。
急峻な崖を、いたることろから立ち上る温泉の湯気、そのような光景を見た太古の人々はこの地を地獄谷と呼びました。
しかし、ここはニホンザルたちにとっては楽園。古くからこの地にはニホンザルの群れが自然のままに暮らしています。
地獄谷野猿公苑は、1964年開苑以来、ニホンザルの興味深い生態を間近で観察できる場所として、温泉に入るサルとして、広く世界中の人々に愛されています。また、多くの研究者や写真家も訪れており、写真のように夏場でもかわいいサルたちと会うことができます。